▼Report in [万聖祭+まきまき4] : ( ゚д゚)<1p目  (ノ゚∀゚)ノ<3p目 

●11月03日、万聖祭当日●

JR東京駅八重州口に到着
酔いもなく、健康そのもの、良し!

さてと…

今までは友人の案内でイベント会場までたどり着けたが、今回は現地集合
直線の往復を脇道それて、迷子になったことがある方向音痴っぷりだが
まあ、何とかなるだろう


一人うろうろするよりも、流れに乗って行くんだ
とりあえず同じ観光客と思われる人たちに紛れてペタペタ
難なく改札付近まで到着、よし、イイカンジだ(?)
財布に入れていた、大展示ホールまでの利用交通機関メモを取り出し、確認
<東京駅(JR山手線)→ 品川駅(京浜急行本線)→ 京急蒲田駅>
山手線…えと このぐるっと丸い…


環状線!?
見覚えのある、なじみ深いリング上の線
OK!コレなら乗り換えも問題なさそうだ、切符を買って入場

 
品川


乗り換え


ホイ到着!
うおおお、何か今日のウチ冴えてるよ〜
地元関西のイベント会場に行くにも手間取っていたウチが一発で到着だよ、方向音痴の汚名返上か!?
大展示ホールへはタクシーを利用しようと思っていたが
調子ぶっこいて徒歩で行くことに決定
何より開場まで時間たっぷりだしね(この時AM08:00)
妙な高揚感で、意気揚々と改札を抜けようとしたとき
視界の右手に写ってはいけないモノが

「大阪の味〜」


うおおおぉぉぉぉぉぉぉ
これは これは これはぁぁぁぁぁぁ!!?
やばい、これは絶対食べておかないと俺一生後悔する
なんていうかこういうの大好き、マジ大歓迎!!!
(とか書いてるウチはかなり馬鹿なんだけど)
しかし、しかし今は我慢だ
まずは本場関東の味を嗜んでからだ!
猛烈に襲ってくる好奇心と食欲を抑えつつ、まずはイベント会場へGO

しかしタクシー予定だったので、地図なんぞ当然持ってない
とりあえず駅周辺にいた妙にハイな警備のおっちゃんに道を聞いて
いざ、産業プラザPiO大展示ホールへ!

 
あっという間に迷子になりました

 
HAHAHA世の中そう甘くないね…ここ、どこ(;´Д`)?
40分ほどぶらぶらしてみるものの、全く見当違いの方向に進んでるっぽく
警備のおっちゃんの行っていた通りに行ってるのに何故だ!?
チクショウ、俺だまされt( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 「かなり大きな建物が見えたら左折、そこからまっすぐ直進したら〜」
…この建物だよねぇ
とりあえず落ち付けと、人通りの少ない所を見つけて煙草を一服(路上デノ喫煙ハ犯罪デスヨ…)


周辺地図は探したが、標識は盲点だったわorz
まあ結果良ければ何とやら、一服のおかげ…か?
確かに、標識そのまままっすぐ確かに進むとありました PiO大展示ホール

会場前には既にたくさんのサークル参加者でいっぱい
ブラザーは…携帯に電話してみるものの、反応がない
会場前の人の中にそれらしい仕草をする人もいなかったので、いないと判断
向こうからの連絡待ちで近辺をぶらぶら〜
朝っぱらからグラタンなんぞかっこんだりして時間を潰してると、ブラザー到着


モウニング、ウチが時間通りってのは珍しかろうw


ややや、あなた様があの高名なとしあ…
お世話になりまするヽ(´ー`)丿
この後G氏は買い出しへ行ってもらうことになる ありがたう( ´ω`)

既にサークル参加者の入場時間に達していたので、早々に会場へはいるウチ等
入り口前を陣取って、おそろしいまでの存在感を放つ「うおっまぶしっ!!」を脇目に
自スペースにてセッティング、そして自身のコピ本も並べてみるが
…なんかすごく恥ずかしい気分だぞ俺
むずがゆい気分になるもセッティング完了
さて、ここからポクチンは売り子に徹っして、ブラザーは


「挨 拶 回 り 、行ってくる!!」
「おおっけえけいッ!」

こういった努力が、今の彼を作ってるんだな〜と
その後ろ姿を見送りつつ、自分の本を読み返してもぞもぞしていると


早ッ!
 
 
なにか忘れ物でもしたのかいな?
あまりの速さに変にびびってしまったが、何でも挨拶先の先生方が見あたらないとか
正面にも来られてるはずが…アラ、確かに何もな…(;´Д`)

しばらくしてから再度巡回してくるよ〜って事で
眼鏡二人、売り子をしながらもそもそお絵かきを始める
時間経過と共に集まる人、手に取られる本
無償配布といえどコピー本のしかも創作、10部くらいは手にとってもらえたらな〜
なんて思っていたら、ブラザーが自分の本と一緒にウチの本を合わせて渡している
「こうやらんといかんだろう〜」
そうか、そうかっ、もっとアピールしていかんと!
折角ココまで来てるんだ、そもそもイベントって数少ないアピールの場じゃないか!
実際にそうやってきた彼に言われる説得力がすごい
この時に、自分の殻が少しほぐれた気がしました(´;ω;`) ブワッ

 
とはいうものの

 

単独で自分の本を手にとって貰ったときは
あれです「穴があったら入りたい」です
今まで個人の本なんぞ出したことがなかったから、気になる気になる
喜びと恐怖でもう何が何やらアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ


え、ちょ、マジでいいんですか!?
創作だし、何か色々中途半端ですけど…


今回、東京に出てきたの本来の目的
うどんを食べに来たわけではなく
ブラザーの売り子の為だけでもなく
自分の作品を見てもらいたい、読んでもらいたい
そのつもりで来てた筈なのに……

ありがとうございますっ
この一冊、一瞬は今までのイベント参加のなかで一番嬉しかったです
なんだかんだで「自分を出す」機会から逃げてましたが
動かなければ何にも始まらない変わらない、動けば何とかなる何かが変わる
そうして手にとってもらえた…
マジ嬉しかったです、殻にヒビがはいりましたよ。・゚・(ノД`)・゚・。

昼方にG氏が帰還、交代でブラザーが出撃
OKココは任せてくれい
それからは来る人かまわず、勧めてみたり
氏の本と一緒にプッシュ、自分だけのもプッシュ
迷惑かもしれないと意識しつつもプッシュ
(と言っても控えめに;)
と、かしているうちに思わぬ試練が!

初めてスケブを頼まれました

「おじさんも一度は描いてみたいな〜」
とか理想郷を脳内で幾度となく描いた事はありましたが
実際にスケブで描かせてもらえるなんて…うおおおおおおおおおおお
いまならイケル、気合い十分だぜ!


スミマセン、ものすごいプレッシャーが来ました
ボールペン直書きとかしょっちゅうやってたので
結構いけるんじゃないの?なんて思ってたウチが馬鹿でした
トレジャーの時に速筆の筈のぶっち〜が時間かけていた理由、超納得orz
あふぅん、どどどどどんな感じでかいたたたたたアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
と、まごまごしている最中、ブラザー帰還
持参のスケブに描き始める


なんて見事な遠慮ナッシングのペン走り
歴戦の勇者め、何を喰ったらそんな…


そうか! もしかして、気負いすぎたのかウチ!?
かといって決して手抜きではなく、いつもの自然体でいけばいいんだ!
加えておじさん、気合い入れすぎると空回りするから…
うほほ、なんか今日学ぶこと多すぎだ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

程なくスケブ完成
漫画原稿の後だったので自然体が「マッキー使用」でしたが
抵抗無く描くことが出来ました
スケブを描く機会をいただき、この場で改めて大感謝なのです
楽しかった〜ヽ(´ー`)丿

 
そうこうして居るうちに無事、イベント終了
うひょおお、今日はいろいろと学ぶことがあって成長させていただきましたよー!
なんて充実したイベントだったんだろう
参加してマジよかった、機会を与えてくれたソウルブラザーGJ
初日でこの収穫、明日は…(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア

のになる前に、問題発生
素直にソンナバカナと、予想をいい意味で裏切られました
「…コピー本の在庫が、後2冊」


「無償配布何だから数用意しろとあれほど━━━━━━」
え あ、いや……うそん!?
身内用や明日の配布も考えて50部あれば十分だと思っていたんだけど…
オフセで100部擦れなかったことに改めて後悔
嬉しさと後悔の念が同時に来るのも…初めての経験でした(;´Д`)

 
それはさておき、腹減ったぞ〜と会場を後にして
食事出来る所を探す事に
と言っても、何を食べるかは既に決定事項
ココにどん兵衛(W)を好んで食べる関西人が二人居ます、さて夕飯は…

そばorうどん!
すまねえG氏、コレばっかりは許してくれ
しかし夕飯にはまだ早いって事で喫茶店で時間を潰すことに
しばらくして シュピーゲルさん と、この店で合流しようって事で、そのままマターリ、合流


喫煙者 :ウチ、G氏
非喫煙者:ぶっち〜
イベント終了時からようやくありついた喫煙タイム
おお、増援まで来てくださったぞ! よし、こののまま鬼を落と…( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

合流後はいろいろと談笑して数時間、そろそろお夕飯が恋しくなってきましたわ
店を出て、幻の関東ツユを求めてさまようことに
お上品なのはいいわ、どっちかって言うとジャンクっぽさの残る
それでいてツユは濃さそうな色の、底が見えないくらいが大歓迎ヨ'`ァ(;´Д`)'`ァ
すると意外に早くそれっぽい店を発見!
この金券タイプの食堂は…アタリっぽいですよ〜んんっふっふ
するとブラザーが券売機前で鞄をごそごそ…まさか…

デジカメキタ━━━━━━(;´Д`)━━━━━━ !!!!!

食堂の中でソバをカメラにおさめようってか
気合い戦士、関西人の血、おじさんにはそんな度胸ねえよ…(;´Д`)


「ばっちり撮ってやるぜェ」
そんな姿にしびれる憧れる!
おじさんは…純粋に味を楽しむことにします(;´ω`)

出てきたソバつゆはビンゴ、濃ゆい、濃ゆいですよブラザー!
色が黒い=味が濃い、塩辛い
そのすり込まれたイメージが実際どんなモノか
いざ、勝負!

…お?

 
……おお!?

 
 
…辛くないゾ( ; ゚Д゚)??
最初に塩味がちょっと強く来るも後味はあっさり
そう、色に反してあっさり味じゃないですか!?
これは箸が進む、いくらでもいけるゾ、大盛りにして正解だ うおぉん!
対して、関西のダシは、色は薄くても旨味と甘みが強い分
後味が残りやすく、少量が適切
食べ過ぎるとキツイ感じと行ったトコか

そして何より、美味しいじゃないの
誰だ、関東のツユが黒く塩辛いって言った奴は?
おじさんには丁度良く、ツユを最後まで美味しく戴きましたさ
うん、やっぱりお腹にもたれない
コイツは良いモンくったぜゴチソウサマデシタ!( ´∀`)人

 
さて、時間も結構な頃合い
では今日はこの辺で、おじさんは宿泊先の漫画喫茶に
…行きたいんだけどこの辺に、ないですか?
スミマセン、この漫画喫茶探しに関しては頼る気マンマンで
予備知識もなくココにきていました(;´Д`)

な訳で食後は漫画喫茶探し
そしてすぐにそれらしい所を発見、ついでに上の階のダイソーに行く
明日の為の小物やら食料とかあさっていると

ぶっち〜、「コピー本、どうするんや? もう一回作るんやろ?」

イベント終了後、2冊しかない本をいったんバラして
再度コピーするといいんじゃね?との案にイイネソレと言っていたのだが
いざ実際、こうしてホッチキスやその他の道具が用意されたここに来て、足が止まる
頭にいろいろな葛藤が、不安が、期待が、いろいろと交錯

『今回はコレで良いんじゃないか? 次回から…』
しばらく悩んだ後
「ん〜 パスしとくわ」

 
 
・・・・・・・・
 
 
「そうか、君が決めたんやからそれでいいけどな」
「俺ならやるね」

ざっくり来た
そういった決断力がうらやましい、そうなりたい
そう思いつつも、いつも決定的な所で、回避しようとしてしまった
ぶっち〜はあくまで強要はしない、だけど切っ掛けをくれる

また俺逃げてるじゃないか?

ココで、ココまでしてもらって逃げたら
そもそも悩むのは、そうしたいから、じゃあやればいいじゃないか
石橋を叩きすぎるのは…もういいっしょ


おk、やるっす!
この時ほどぶっち〜と知り合えて良かったと思ったことはない
まじサンクス、これからもヨロシクなのです。・゚・(ノД`)・゚・。
コレを打ってる今でも、思い出して気合いが入ってきてます

一通りブツを揃えたのち、シュピーゲルさんとお別れする
長々と連れ回しちゃってスンマセンでした(;´Д`)
そしてよさげなもう一点の漫喫で過ごす事に決定
ウホ、いいお宿!


ココで二人が寄宿
そしておじさんは早速コピーをローソンでとりにいく
「明日はど う な る の か な 〜」
流石にもう、不安より楽しみが表にでてきていました
…さて、コピーも終えたし漫喫に
初、漫画喫茶ですよおじさん
そんなところに泊まろうと思った行き当たりばったりな俺
絵の方面でもそうしろってか。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 
個室を使ってさあ、今晩は徹夜だ〜


TV、ビデオ、PC、ヘッドホン、社長椅子
そして…ジャングルの王者ターちゃんは置いて居なかったけど大量の漫画…
何この怠惰ルーム
信じられねぇ、この世にこんな楽園が存在しようとは
けしからん、なんたるけしからん設備だ!
こんなモノで…おじさんの創作意欲をそごうなど甘いにも程があ


!?
いっかあああああああああん!
簡単に腐ってどうする俺!
時間は2時、お前は4時間近く何を・・・いや
それからはモクモクと折って閉じて折って閉じて
んんむふぅ〜ちょっと一息
たしか丁度ドアの向かいにサイボーグじいチャンGが・・・
( ´∀`);y=ー(゚д゚)・∵. ターン
ここは煩悩と葛藤する修行の場とみた;
そうこうして作業も終盤を迎えたところで、ふと気付く

・・・臭う
もう歳か、一日でこうも香しくなるとは(つД`)
G氏のアドバイスを聞いてホント、良かったと思た
「シャワー完備の所にしておきなさい…」
ぬうう、この忠告を無視していたら明日はどうなっていたのやら恐ろしいアワワ((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

そして作業完了
こうして作り終えてしまうとやって良かったなと、しんみり
手にとってもらえるかどうかは別問題として…いや、遠慮無く渡すんだ俺!
さ〜て、シャワーを浴びて心身共にリフレッシュしてから
いざ、本日の戦場へ!

 
…っと会場、どこだったっけ?



■3p目(11/04日−まきまき4−)へ続く→

 
▼Report in [万聖祭+まきまき4] : ( ゚д゚)<1p目  (ノ゚∀゚)ノ<3p目